ホーム / 地域福祉事業 / コロナウイルスにうんざりそんなとき「電話なんてどうでしょう。」

コロナウイルスにうんざりそんなとき「電話なんてどうでしょう。」

コロナウイルスにうんざりそんなとき「電話なんてどうでしょう。」

「社協の職員が、お電話でのお話相手になります。」

【事業名】社協でんわ設置事業

    ~コロナにうんざりそんなとき「電話なんてどうでしょう。」~

【対象者】石巻市民で、現在、閉じこもりがちで人とお話しがしたい方

     ※外出を自粛され、人と話をする機会が少なくなった方

【電話】 こちらに、お電話ください。

     ☎0225-22-0201(「社協でんわ」とお伝えください)

     受付時間 平日 10:00~15:00 

     実施期間 6月3日(水)~7月31日(金)

     ※新型コロナ感染拡大により変更する場合あり

【目的】 

 新型コロナウイルスの感染拡大防止に係る、小中学校の休校や公的施設の利用停止に伴い、各種行事や外出自粛など「人と人とのふれあいの場」が設けられない状況にあります。

 また、国が公表しました「新しい生活様式」に合わせ、外出等を自主的に控えている市民の方も多くなっております。

 このことから、市民に対し電話を活用して、傾聴・話し相手となることで市民への心の支援を行うことを目的とします。

【内容】

 電話による傾聴・お話相手(閉じこもり等に対する傾聴)

 ※対応する時間は10分間を基準にさせていただきます。 

【問い合わせ先】

 石巻市社会福祉協議会 地域福祉課 ☎0225-96-5290