ホーム / 福祉教育 / 福祉教育

福祉教育

「ふくし」を学ぶ

 福祉とは、「幸せ」や「ゆたかさ」を意味する言葉です。「幸せ」は人によって様々な形があり、だからこそ他人の幸せを尊重する心が求められます。

 石巻市に住む児童・生徒がこうした心情を学び、生活の中で活かしていけるように、社協では「福祉教育」として皆さまのもとに赴き、学びのきっかけ作りを行っています。

 これからの未来を担う子どもたちの学習・体験活動を通し、地域での支え合い・助け合いの心への理解を進めていくことを目的として実施しています。

 たくさんのお申込みお待ちしております!!

子どもたちの福祉の学びを支援する取り組み

↓ ↓ ↓

「支え合い・助け合い」の活動を進める取り組み

 

 「ふくし」とは、「 ふだんの くらしの しあわせ 」 です!

 

学び-福祉講座-

 「ふくしとは何か」というテーマをもとに、「相手を尊重すること」や「助け合いの心」といった心情の育成学習や、現代社会における福祉の現状、社会の取り組みなどについて学びます。

  ※参考:出前講座 

社協職員による福祉学習

社協職員による福祉講話

障がい当事者からの話

ゲストティーチャーからの講話

                                                                                                                                      など

 

体験活動

  実際に障がい者や高齢者の視点に立つことで、その心情や社会的立場、日々の生活の様子を理解するといった活動や、地域に出向いてのボランティア活動等を行います。

 

キャップハンディ体験

〈具体的な内容〉

・車イス体験

・高齢者疑似体験セットを用いた体験

・白杖を用いた体験・点字学習

 など

車イス体験学習

車イス体験の様子

白杖体験

白杖体験の様子

ボランティア体験(課外学習)

〈具体的な内容〉

 ・夏のボランティア体験

   (毎年9月付近で実施)

 ※参考:ボランティア保険について

 ・地域マップ作り

  →地域の様々な人・ものを見つける・知る学習

    例 ユニバーサルデザインについての

 調査・学習

  ※参考:石巻市バリアフリートイレマップ

  についてなど

ちょいボラ

ジュニアリーダーと

バルーンアート体験の様子

(子どもセンターらいつ)

マップ作りの様子(イオン)

 

校外学習の様子

 

 内容につきましては、「どのような活動にしたいか」という希望に沿った形で、それぞれ柔軟に対応します。

 また、具体的な実施内容についてもご相談に応じます。

 

【お申込み・お問い合わせ先】

 地域福祉課

 ℡ 0225-96-5290

 

出前講座