ホーム / お知らせ&トピックス / 平成26年度地域福祉フォーラムを開催しました。

お知らせ&トピックス

平成26年度地域福祉フォーラムを開催しました。

平成26年度地域福祉フォーラムを開催しました。

 11月26日(水)、遊楽館を会場に地域福祉フォーラムを開催しました。市内の町内会関係者や民生委員児童委員、一般市民など、約430名の方が参加され会場は満席となりました。

 フォーラムの第1部は神戸で長年被災者を支援してきたNPO法人よろず相談室理事長の牧秀一氏を講師に「希望への苦闘 ~人は人によってのみ救うことが出来る~」と題して基調講演をいただきました。孤立者を防ぐ為には被災者の話し相手となる存在や寄り添う人の存在が大切であると、これまでの経験を基にアドバイスをいただきました。

 第2部では宮城県社会福祉協議会の北川進氏をコーディネーターに「寄り添う支援とは?」をテーマに市内で支援活動を続ける3人のパネリストが事例をとおして意見交換を行いました。NPO法人ベビースマイル石巻の荒木裕美氏は子育て中のお母さんが地域の中で孤立しない為の居場所作り活動について、続いて民生委員児童委員(住吉地区)の北川禮子氏は、サロン活動をとおして地域の人に寄り添う思いについて、最後に本会の地域福祉コーディネーターの谷祐輔は、地域の悩みや問題解決に地域住民と連携して支援活動を行っていく重要性について発表がありました。

 地域の中に存在する課題や、声をあげられない人達の声をいかに拾い上げて支えていくか、地域コミュニティ強化の必要性を改めて考えるフォーラムとなりました。

牧先生による講演

牧先生による講演

寄り添う支援とは

寄り添う支援とは

パネリストの方々

パネリストの方々